食欲不振には高麗人参が効く
スキンケア

食欲不振には高麗人参が効く

滋養強壮など漢方薬としてもおなじみの高麗人参は、胃腸の働きが低下した時、助ける働きもあります。
胃腸が不調になると食欲が落ちます。
食欲不振になるのにはさまざまな原因が考えられますが、その内のいくつかは、高麗人参の養生効果によって改善することができます。

高麗人参が効く食欲不振と言えば、慢性的な胃弱や胃を温めると痛みが落ち着く場合、痩せていて慢性的に食欲が無かったり胃下垂だったりする人、食べ過ぎると胃もたれしたり、コールドドリンクを飲むとお腹が下ってしまったりするケースです。
これらの症状に起因する食欲不振は、胃腸の粘膜がゆるんで筋肉の緊張が無くなるために起きています。
がんらい高麗人参には、心臓や胃腸など臓器の機能を高める補気効果があるため、胃腸の粘膜を刺激して血流を温めながら促進することで、胃腸を元気にしてくれる可能性があります。

一方、高麗人参が効かない食欲不振もあります。
胸やけがひどかったりストレスが強かったりする時、痛みがひどかったり舌のコケが黄色くなっている時です。
ただし、高麗人参によって間接的にストレスを緩和させることはできます。
というもの、副腎皮質ホルモンはストレスによる神経の興奮を落ち着かせる働きがありますが、高麗人参には、このホルモンの分泌を活発にする働きがあるからです。
胃腸があまり丈夫でなくて上記に挙げたような理由で食欲不振に陥っていると感じる人は、高麗人参の口コミもご覧になってみてはいかがでしょうか。